こんにちは、ななおです。今回は千葉の南房総という場所にグループライドに行ってきました!
ライド記事が1ヶ月空くという体たらくっぷりに震えています…((´・ω・`))
今回交ぜてもらったライドのメンバーは全員で4人となっております。

danmPr6i_400x400カッシーさん
スピードマンとちゃうんかい!〜ヒルクライムでも鈍足系〜


e1ab7b RABIさん



8KvzufSgといさん



e1ab7b わたくし



本日のルートは8時に久里浜港に集合しフェリーで金谷港に向かい、房総を反時計回りに濃溝の滝を拝んてぐるっと帰ってくる予定です。

暗黒の境川CRそしてオーバーナイト


僕はできるかぎり自走したい派なので朝3時に起床し7時頃に久里浜に到着する予定で境川CRをずーっと下って藤沢まで行き、久里浜港へ方向転換します。
そして夜の境川CRがこちら…
_DSC3537
近くに幹線道路も無く、人の気配のしない真っ暗闇を川沿いに走っていきます。
ぶっちゃけ超こわいっす((((;゚Д゚))))

実は境川CRはGARMIN先生でルートを引くのが非常にめんどくさく、60kmの自走ということもあり目安の時間をしっかり把握したかったので、フェリー乗り場までのルートは自転車ナビタイムの音声案内に任せています。
しかし今日はBluetoothの調子が悪かったのか音がブツブツ切れる時が稀にありました。

おy…5…k…先……t…直進です(カーブ)

((((ノ)゚Д゚(ヽ))))


誰もいないな…と思いきや真っ黒なステルスランナーがいたり、何故か通行人を数えている人がいたり………いなかったり…(?)
段々慣れてきて、すれ違う人に挨拶したりしました。
(昼間ならしないけど、川で早朝の散歩とかしてる人には挨拶したくなる)

モソモソペダルを回していると気がついたらオーバーナイト、そして7時過ぎに久里浜港に到着。数分してカッシーさんとといさんがやってきました。相変わらず早い到着です(人のこと言えない) 
小腹が空いたのでカッシーさんとコンビニへ向かい、帰ってくるとRABIさんが合流されてました。

初めてのフェリー輪行、船内は意外と広い 

フェリーのチケットを買い、船に自転車を積み込んで客室へ入ります。
_DSC3566
窓際のテーブル席をササっとゲットして一息。
e1ab7b 以外に広いんですね



8KvzufSgてっきり御座があるのかと



売店でカロリーを補充します。
僕はチーズポテトを購入、他にも唐揚げとかおにぎり、サンドイッチなどもろもろです。
_DSC3564
_DSC3567
買ってから電子レンジで温めてくれるのでホクホクしてて美味しいです(^ω^)
e1ab7b あ、バッテリー無い



8KvzufSg早いww



danmPr6i_400x400メインカメラがww



e1ab7b温めると復活するって聞きましたよ。


そういえば!と思い出しおもむろにウェアの首元にバッテリーを差し込み(?)ます。
???「たかがメインカメラをやられただけだ!」(実際に復活しました)

しばらく色々雑談しているとゆっくりと景色が動き始めてきました。出港です。
といさんがそそっと外に出ていったので、僕も甲板に出て写真を取りまくってきました、結構あったので抜粋して載せます…(´-`)
_DSC3571
_DSC3574
_DSC3576
_DSC3589
_DSC3590
(´-`) 。oO(ダンディだ…)
風が凄まじく、そして寒いので船内に避難。10分か20分で金谷港に到着。
もっと乗ってたかった…。

ちゃちゃっと施錠を解除してGARMINを起こして出発です。
_DSC3596
_DSC3599
みんな自転車がかっこいいです。
_DSC3601s
ここでといさんから提案があり、計画時に予定はありませんでしたが大山千枚田という場所に向かうことになり、千枚田ってどんなだろうな…と想像を膨らませ房総ライドスタートです。

いざ、大山千枚田!


_DSC3605
走り始めて市街地区間を抜けるとのどかな場所に出て畑がビローっと広がっていてとても気持ちがいいです。
意外にトラックや乗用車が多いことを除けば((´・ω・`))
船で来たので離島の様な印象を受けましたがやはりこの辺は車が多いです(街ほどではないですが)
途中で工事中の道路があり路面がメッチョメチョのドロンドロン区間があり、全員のタイヤのセンターがホワイトカラーになりました。
ここでコケたりなんかしたら尋常じゃなく悲惨です(笑)

通り過ぎたりなんだり右往左往してると、大山千枚田の立て札を発見。
進んでいくと田んぼが。
_DSC3612
e1ab7b これがその千枚田なんですかね。



e1ab7bう〜ん、なんかショボくないですか。


さすがにおかしいと思ったといさんが畑仕事をしているおばあちゃんに千枚田について訪ねていました。要約すると600mほど進むとあるそう。ちなみに夜になるとライトアップされて光るんだそうな…

そしておばあちゃんの話を聞いているとカッシーさんがちょっと急な全く関係ない坂を発見しモリモリと登っていきました。
(2~3分帰ってこなかった)
_DSC3610
_DSC3608
↑再び別の坂を登坂したカッシーさん、とRABIさん。

そしてお待ちかねの千枚田がこちら!
_DSC3616
なかなかのスケール感でおおー…と声に出ていました。
IMG_0548
iPhoneのパノラマ写真です。
この後するとでっかい観光バスが来て僕はおばちゃんズに質問攻め、何処から来たの?タイヤ細いね、お尻痛くないの?と言った感じのお決まりトークです。

お昼ごはんは海の幸!

日も昇ってきてお腹も空いてきたので昼食を取るために鮮魚池田というお店に行きます。
若干のルートミスもありつつも、無事到着。
DSC00085
Photo by カッシーさん
僕が食べたのはイクラ丼です。プリプリで美味しい!漬物も塩加減が丁度よいです(*´ω`*)
_DSC3624
カッシーさんは鉄火丼、RABIさんは海鮮丼、といさんは未着丼ですがタチウオの焼き魚定食です。
FullSizeRender
お味噌汁はカニの出汁でした∑d(*´ω`*)

濃溝の滝へ!鴨川有料道路を登る


お腹も膨れた所で今回のメイン、濃溝の滝へと向かいます!
正確には亀岩の洞窟というらしく、大きな岩壁にポッカリ穴が開いていて、そこが小さい滝のようになっている模様、噂ではジブリだとか秘境だとか言われているそうです。

アクセス自体はシンプルで鴨川有料道路を進んでその先の駐車場から300~400mほど歩いた先にあるそうです。ちなみに登りでストラバのセグメントもあります。
_DSC3628
地味に長く、風張峠をやさしくした感じの登ってると飽きるタイプの道ですが、話しながら走っていると気がついたら間に料金所が見えていました。
_DSC3638
ちなみに通行料金は20円です。誰もいないからって払わないと何十倍もの罰金が襲いかかります。
FullSizeRender 2
投入!
それから少し走ると例の駐車場が見えてきました。
そしてそこにはものすごい数の車、バイク、人。((´・ω・`))あれ…秘境…?
もはや観光地化され宣伝されまくった濃溝の滝は秘境ではないようです。

当然ながらただの駐車場にバイクラックなんて無いので自動二輪の駐輪ゾーンの奥の柵に重ねて施錠。
_DSC3642
(´-`) 。oO(カッシーさんの鍵の量がすげぇ…)
ここからは徒歩で向かいます。なんてことない距離なのですが、ローディー的に厄介で道は山の散歩道のようになっており、沢も歩きます。僕はカッシーさんのオススメでマリンシューズを購入したのですが…

発送トラブルなのかサイズがメチャクチャ大きく指先をつまむと2cmは余る始末。
そして見た目の残念さ。
_DSC3648
e1ab7b 外で履くとダッサww



8KvzufSgおしゃれな靴下にしか見えないww



以下SPD勢

danmPr6i_400x400( ˙-˙ )「余裕」



e1ab7b( ˙-˙ )「余裕」



Σ(´д`;)!?

足元の違和感、変な感触を思考の隅に追いやって先に進んでいると柵の近くで下に除いている人たちが見えてきました。
あそこに滝があるのか!と期待しつつ通勤ラッシュの降車直後を連想させる階段を下ります。
ごちゃい… (ノД`) 

そしてお見えなすった濃溝の滝!!
_DSC3649
…うん!キレイ!できれば人が少なければもっとキレイに見える!(無言のトリミング)
まるで撮影会のような様子で荘厳な雰囲気は皆無でしたが、とても良い場所で眼福でした。

ちなみに夏になると川遊びする人がたくさん来るそうです。
又順路があるらしく、来た方向とは違う方向に進みます。
_DSC3654
_DSC3655
e1ab7b 靴濡れた



8KvzufSgぺちょぺちょして気持ち悪い…



(紅葉もきれいでしたb)

ダンシングの方が楽、自販機を求めて帰路につく…

ミッションは達成したのでここからは帰路になります。だいたい半分くらい走りました。
施錠を解いて出発!…をして少しするとといさんの姿が消えます。何事なのかと思ったらGARMINを落としたようで戻って探していたとのこと(見つかってよかった…)

8KvzufSgお待たせしました〜;



これで全員揃った…と思いきや凄まじい速度でカッシーさんが先頭に飛んでいきました。

Σ(´д`;)!?

いろんな登りでゴリゴリ進んでいきます。
FullSizeRender 3
danmPr6i_400x400ダンシングの方が楽



僕が先頭を引いていた時はすぐ後ろからゴウンッ!ゴウンッ!とダンシングで唸る音のプレッシャーがやばかったです。
FullSizeRender 4
↑といさんとKOM争いをするカッシーさん(無念にも直前で刺されたそうです)

濃溝の滝をすぎてしばらくは観光バスやトラックがとても多かったのですが、気がついたら後続車も対向車も全然来ません。ついでに自動販売機も全く見当たりません。
次自販機あったら休憩…自販機あったら休憩…と思っていたら全員同じ意見でした(笑)
_DSC3661s
やっと遭遇した自販機、ガソリンスタンドが見えたのでこれは絶対ある!と確信しました(`・ω・´)
走っていると段々と暗くなってきて日がどんどん低くなっていきますがフェリーの最終便を逃すことはなさそうです。ライド後半はややペース早めで金谷港に戻りました。
_DSC3666
ジャストタイミングでやってきた帰りの船。キレイだった…(ˇωˇ) 
フェリーが入港すると次は夕日の写真を取るために堤防にかじりつきます。
_DSC3669
夕日はすでに風前の灯火でした(涙)
もうちょっと早ければいい感じだったかな〜と雑談しながら係員さんにチケットを渡してフェリーの中に自転車を積み込みます。
_DSC3676s
2回目はもう慣れたものです。
来たときと同じテーブルをとって炭水化物を補給。
FullSizeRender 5
本当はいわしハンバーグが食べたかったですが、炭水化物の欲求には逆らえなかったよ…
フェリーもあっという間に対岸についてしまい後30分ぐらい船内でぬくぬくしたかった(´・ω・`)

外に出ようと自転車の施錠を解除しようとしたのですが、鍵が…!鍵がないのです!
あらゆるポケットを探しましたが無い!…と思ったらウィンドブレーカーのミニポケットに入ってました。普段使わないからわかりませんでした…(乂 ・ω・`) 

この後はとりあえず久里浜駅の近くまで移動し、自走組と輪行組に別れ、解散。
FullSizeRender 6
僕は睡魔と戦いながら再び60kmの暗黒境川CRを通って家路につきました。

ライド当日の先週に火曜どこに行こうかな〜と思っていたらこんな楽しいライドのお誘いしていただいてとても充実した時間でした。また他のライドでも遊んでください(´・ω・`)ゞ