FullSizeRender 8
こんにちは、今回は私が乗っているロードバイクの細かい詳細をささやかインプレと交えて紹介していきたいと思います。(紹介に至っては実はただ書き出したいだけったり…w)


フレーム
コンポーネント
  • シフター SRAM RED 22
  • フロントディレイラー SRAM RED 22
  • リアディレイラー SRAM RED 22
  • クランク Cannondale Si 170mm
  • チェーンリング SRAM RED 22 50-34
  • スプロケット Shimano Ultegra 6800 12-28
  • チェーン Shimano HG901-11
  • ブレーキ SRAM RED 22
ホイール
  • Fulcrum Racing 3(カンパ用フリーハブをシマノ用のR0-113に変更)
タイヤ
  • IRC ASPITE Pro 24C
ハンドル
  • 3T ERGONOVA PRO 38cm
バーテープ
  • fi'zi:k SUPER LIGHT Tacky-Logo
ステム
  • 3T ARX II PRO 100mm 17°
サドル
  • fi'zi:k ANTARES 00
シートポスト
  • Cannondale C3 25.4mm
ペダル
  • SPEEDPLAY Zero Stainless
ボトルケージ 
  •  MINOURA AB100-4.5
サイコンやボトルを装備していない重量は7.2kgほどになります。ハンドルとステムとシートポストをカーボンにしてスプロケットもSRAM REDにすればこのクラスのホイールでも6kg台いくかもしれませんね。

以前のフレームとの違い

私が以前乗っていたフレームはRNC3というANCHORのクロモリフレームですが、目立った違いといえばやはり剛性感です。
縦方向にはわずかなウィップのあとギュンと跳ねるように進み、横方向は非常にカッチリでダンシングのパワーが逃げない感じがあります。
乗り心地はクロモリからアルミですのでゴツゴツした大きめの衝撃は角が大きくなりますが、ロードノイズや細かな衝撃は対してあまり変わったという感じを受けませんでした。
強いて言うなら細かな振動は抑えつつ路面情報が伝わりやすくなった印象があります。

唯一の欠点というか使い勝手が悪くなったことはリーチが短いということ、48サイズで369mmしかありませんのでクランクが3時の位置でハンドルを大きく切るとつま先がタイヤに当たるということ。
実走で気になることはほぼ無いのですが、ちょっとヒヤッとしたことが何回かあります。もうひとサイズ大きめでも乗れるのですが、シートポストでなさすぎて見た目が…

その他

IRCのタイヤはチューブレスなんかでは有名らしいですが、ASPITEはサイドカット耐性の高さをウリの1つとしており、そのサイドの硬さに支えられたトップ部分の乗り心地がとても好みです。よく転がるのにコーナーで倒せる不思議な安心感のあるタイヤです。
ただそのサイドの硬さからくる脱着の困難さは凄まじいものがあります。
➝パンク修理の時に付け外しするとリムと馴染んで伸びたのか最初のつけ難さはあまりありませんでした。
正直CORSA SPEED チューブレスのが100倍つけ難いです。(ビートもそれなりに分厚く、何度もトライするうちに手が真っ赤になりながら発狂s)

ERGONOVAは本当に良いハンドルです。ハンドルを奥に"送って"ブラケットを手前にしゃくるとブレーキレバーが少し遠くなるのが気になりますが、幅といい、深さやベント部分といいとても握りやすい。
あとバーテープが途中で巻き終わるのがかっこいい
FullSizeRender 27
↑こういうことですな

もっと詳細が気になりましたら、是非ご質問ください。
(´-`).。oO(いつかSRAM REDのインプレもしたい)